fc2ブログ

思い出。

2020年07月03日
ジュリナの振り返り日記 0
毎月一日は、ワンコたちのお墓にお線香をあげています。




ここに入っているのは福助とはなこ。

福助

福ちゃん。
すごく可愛い子だった。
すごく良い子。

ずっと身体はしんどかったと思うけど頑張った福ちゃん。
福助

もっと楽しい想いをさせてあげたかった。


預かっていた実家の親に
「どうしたい?」
と言ったら、ウチのお庭に埋めてあげたい
ということで、火葬して、お庭に入ってもらいました。


もう一人ははなこ。

写真探したけど無かった^^;


私が20歳ぐらいの時に迷い込んできた母犬が産んだ子供がはなこ。

ハスキー系の可愛い女の子。


迷い込んできた犬を受入れる場所はあったけど、無知な私は飼い方を知らず、7年しか生きれなかった。
その時の私はダメな飼い主だった。

ダメな飼い主に優しく微笑んでくれていたのがはなこ。


最期も私の腕のなかで微笑んでいた。
大好きだったはなこ。


あれから16年、私がはなこを手放すことが出来なかったけど、福助と同じ時に一緒にお墓に入ってもらいました。


飼い方を知らなかったけど、「誰も教えてくれなかった」と恨みもあった(笑)




そして、まだ手放すことが出来ないのが
ジュリマリ
ジュリナとマリ。



ジュリマリ
朝起きたら、二人とも私の事を見ていた。



ジュリマリ
帰るといつも玄関で出迎えてくれた。



ここで生きていたんだよね。

毎日3人一緒だったね。


この子たちを手放すにはまた10数年かかるかもしれない^^;



ジュリナとマリとの暮らしでは、たくさんの人が私を支えてくれて、
私も犬の飼い方を覚えていきました。


ジュリナを保護団体から迎えて、もう10年が経つのか。。




今は私も誰かの支えになりたいと、活動を続けています。


もう、あの時のはなこと私のような事が起きないように。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しみゃお
この記事を書いた人: しみゃお
40代♂とCAPINの保護犬の生活日記です。
CAPINの預かり犬、ぷりん、空良。

ペットのおうちにCAPINのシェルター犬を載せていってますのでチェックしてください。
https://www.pet-home.jp/member/user428040/post/

コメント0件

コメントはまだありません