FC2ブログ
2018/09/28

六花は正式譲渡に♪

長らくお待たせしました^^

六花
しみゃお家卒
六花が正式譲渡になりました~☆

みなさん、応援ありがとうございました!

DSC_2600.jpg
こんな素敵なご家族の三女になったのですよ^^


上の写真にも下の写真にもあらゆる場所に防護柵を作ってくださっているのが分かるでしょうか。
きっと、
「最初はいろんな危険があるかもしれない」
と配慮して設置してくださったんだと思います。

それから、実質初めてワンコを飼育するご家族なのですが、迎えてくださる前に
DSC_2597.jpg
DSC_2598.jpg
本を買って勉強して待っていてくださっていたんです。

もちろん、犬を飼育するのには本だけではわからない部分はたくさんあると思います。
でも私は、分からないことを始めるうえでこういった事前準備はものすごく大事だと思っていて、
トライアルで伺った時、この本を見かけて、その本気度に感動を覚えました。

DSC_2596.jpg
トライアルに行ったとき。
みんなで一緒にご飯を作り方講習をしました^^


六花
ハウスはこんな立派なハウスを。
バリケンはウチと一緒のトラベルキャリーです^^


六花
トライアル中にお姉ちゃんの運動会があったのですが、
お母さんは六花にいきなりお留守番はさせないように、大事なところだけを見て帰ってきてくださって
1時間のお留守番だけにして下さたそうです。


「家族」として扱ってくださっているんですよね。
嬉しいなぁって。

その愛情に六花も応えて、いつもの六花らしさを発揮しています^^
六花

新しいお家でもトイレが出来たり
人のご飯中は大人しく待てたり
お留守番が出来たり。

ウチで学んだことを、生かしてくれて嬉しかった^^


ご家族の愛情が六花を引き出してくれていることも明白でした。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


六花
皮膚の状態が悪く、先住無しor完全隔離が条件で預かり先を探していた六花。

私はマリを亡くしたばかりで、マリとぷりん空良を完全に分けて飼育していたので、その流れで六花を受け入れました。

兄妹と別れた六花と、お互い(笑)
失意のまま、共同生活を始めました。

六花
私がつらかった時、ずっと一緒にいてくれた六花。

別れがつらくないわけないです。

六花
そんな私の気持ちをなだめてくれるのは、新しいご家族の六花への愛情以外にはありません。


それに私には私の助けを待つ子がたくさんいるのです。
どんどん前に進んでいかなければいけませんね。


DSC_2602.jpg
またね。六花。元気で暮らすんだよ。


Tさま。
六花を末永くよろしくお願いします^^



にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント