fc2ブログ

いつまでも・・・。ずっと。。

2018年05月25日
日々の事 0
5月24日。夜半過ぎ頃でしょうか。

最愛の家族。マリが旅立っていきました。

私がこのブログの文章を書けないのは、自分の気持ちがよく分からないから。

マリは闘病して8ヶ月・・特にこの3ヶ月はとても苦しんでいました。
苦しくて苦しくて、うめき声を必死な声であげていました。

もうこのまま死んでしまうかもしれない・・・そう思ったのは1度や2度ではありませんでした。

自分の気持ちが分からないのは、もちろん悲しいしさみしい。
でも一方で「もういいじゃない。何度も何度も頑張ってくれたじゃない・・」という気持ちもあります。
むしろ、亡くなって今まではその気持ちの方が強かったのかもしれない。。


IMG_4822.jpg

ジュリナが逝って、「もうしばらくこんなことはない」と勝手に思ってこんでいましたけど、
「まさか・・」
って自分でも思っています。

脳腫瘍と診断された時から、もう行きつくゴールは一つしかなくて、ある種割り切っていて、
先生も「苦しまない方法を」と一緒に考えてくれて、
でもやっぱりマリは苦しくて。。


ジュリナの時のようにマリも、私が抱いて寝ている間に逝きました。
朝起きたらもう死後硬直が始まっていて・・その時思ったことは
「もう苦しくないね」
でした。

飼い主として・・どうなんでしょうね^^;



6月4日時点でまだ仏壇は作れていません。

お骨になったのは26日で、そのままジュリナの横で眠ってもらっています。
それを作ったら、本当にマリが逝ってしまう気がして・・・そこまで割り切っていなくて・・・。

でも、お花も贈って頂いたり、全部ちょっと待ってもらっている^^;お悔やみメールもお返ししたくて・・・。
そろそろいいかな。
もうそろそろ、自分のキモチにさよならして
大好きなジュリナの元へ行かせてあげようかなと思っています。

DSCF2547.jpg

来た当初のマリには本当に手を焼きました。
全然いうこと聞かなくて、破壊して脱走しての繰り返し。(詳しくは過去日記をみてください)
「犬はひとつのほころびも許してくれない」
とは、マリに教わったこと。

自分だけが、愛犬に要求したって、犬はこっちをむいてくれない。
こっちも犬の考えていることを理解して、こちらも歩み寄らないと、信頼関係は生まれない。

「甘くない」と教えてくれたのはマリでした。


破壊や脱走がなくなったころ、マリは自慢の娘になっていました。
CAPINで活動してからは、マリは
「しみゃお家の調子の悪い子」
と印象付いてしまったのかもしれない。

マリはそんな子じゃない。
私の模範のようなパートナー犬でした。

マリがいることは、私の自信にも繋がっていきました。


DSCF2267.jpg

ドッグランによく連れてっていました。
綺麗な流れるようなフォームで、しなやかに速く走るマリが自慢でした。
ドッグランで走り負けたことはほとんど無くて。
「あの子、速いねぇ」
ってボーダーコリーの飼い主さんたちが驚いていたとき、本当に鼻が高かったです(笑)

マリとの思い出というと、私が1か月で10kgダイエットをしたとき、毎日4kmのランニングのお供をしてくれていたことです。
リードで繋がっていたけど、全く乱れることなく、ぴったり横を走ってくれました。

マリが私のしたいことを理解して務めてくれることは本当に嬉しかった。

DSC_1350_201805241728288da.jpg

2011年5月29日に我が家に来たマリ。
なんとなくですが、マリはそこまで生きたかったんじゃなかったかと思っています。
亡くなった5月24日は、仲介してくださったちばわんさんと
「この日にお迎え行きましょう」
と打ち合わせた日でした。

歩けなくなって、目が見えにくくなって、立てなくなって・・・。

それでも希望は見せてくれて。

私はマリの看護については、一喜一憂しないことにしました。

最初の前庭疾患かと倒れた時に動揺して、それがマリにも伝わったと思ったから。
強烈な発作で倒れた時も、
お散歩で途中で歩けなくて、へたれこんでしまって抱えて帰っている時も、
目が見えなくなった時も、
ご飯が食べられなくなった時も。
どんなときでも

「大丈夫、大丈夫。」
って言っていました。

ブログにもマリの弱っていく姿を見せたいとは思わなかったので、一切書かず、急に亡くなってしまったかのように
映ってしまうかもしれませんが。

最後の何か月か、マリと二人三脚で一歩一歩進むことが出来ました。

今更ですが・・・(笑)
何度も何度も
「頑張る」
と奮起してくれたマリをほめてあげてくださればと思います。



img_2_201805241728327ab.jpg


メールやお花、ありがとうございます。
これから少しずつお返しさせて頂きたいと思っています。

不躾で申し訳ありません。

マリの事、かわいがってくださって、本当にありがとうございました。

近々、マリの追悼ドッグランに付き合ってくださいね^^
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しみゃお
この記事を書いた人: しみゃお
40代♂とCAPINの保護犬の生活日記です。
CAPINの預かり犬、ぷりん、空良。

ペットのおうちにCAPINのシェルター犬を載せていってますのでチェックしてください。
https://www.pet-home.jp/member/user428040/post/

コメント0件

コメントはまだありません