FC2ブログ
2017/12/30

時にはやらなきゃいけない時もある。

先月、ボランティア休息宣言をしたばかりですが、
すでにご承知の通り^^; いろんなことに巻き込まれています。

会社は昨日までだったんですが、私は挨拶周りとかがあったので、実質今日から休みです。
そして今日からお休み中はシェルターに通う予定です。


「マリはもういいの?」

そんなわけない。
一昨日より昨日の方が調子悪かったし、昨日よりも今日の方が調子は悪い。
日に日に弱っていくマリに私は
「行ってくるね」
というしかない。

そこにいる自分を恨むしかない(笑)
次に生まれてくる自分は
「ここまでやったからあとはオレには関係ない」
と言える自分に生まれるように切に願っています(笑)



******************************


12月26日。
14匹レスキューの活動。
この日は5匹を連れ出します。


のちにご紹介しますが、1匹は預かりさんが預かって下さり
残りの4匹は、他団体さんが引き受けてくださいます。
他団体さんには私に関わったばかりに、エライことに巻き込んでしまって申し訳なく思います^^;

他団体さんが引き受けてくださるのは年明けからですが、諸事情あり5匹はこの日手放すとなっていたので、
一度CAPINシェルターに入ります。



今まで過ごしたお家にお別れを告げるのはつらいけど、ひとりひとりみんながそれぞれの道で幸せになるためです。


このお家はいわゆる
「多頭飼育崩壊」
私が関わる多頭飼育崩壊はガソリンスタンドに続き2回目。

ここから出る子たちは一度少し精神崩壊状態になります。

糞尿まみれの匂いに寄り添い、食べて寝るしか生きていてやることがない日常。
変わるのが怖くて、でも外の世界にも興味があって。
今日は飼い主のお兄さんさん、ぼくを触ってくれるかな?郵便屋さんはくるかな?
そんな日常につらくてもしがみついて生きてきたのです。



人間の眼からみると
「劣悪」

ガソリンスタンドの時も
「おじいさんの所にいたときはどうだったですか?」
とよく聞かれましたが、言葉に詰まりました。

参考になることなんて何もない。元の場所と同じになんてできない。この子たちも一緒です。

でも14匹のワンコたちは
「お母さんが良い子にしていなさいって言ってた」
から、どんなにつらくても、ただただお母さんを待っている。またお母さんに会いたい。

私はそんなしがらみからみんなを解放してあげて、それぞれが幸せになれるように、次のステップに進ませてあげたいと
思うのです。


DSC_0206_HORIZON.jpg
(ぐりのすけ)
DSC_0207_201712301225146d3.jpg
(クルミ)

みな病院によってワクチンを打って出発します。

DSC_0209.jpg
「こんなに怖がってるぐりのすけは初めて見た」
と出入りしている代理人に言われ

DSC_0218_HORIZON.jpg
ドリーは車中、ずっと震えていた。


DSC_0216_20171230122517791.jpg
一番頼りにされているムゥも不安顔。


シェルターに到着
DSC_0223_20171230122521285.jpg
一番堂々としてたクルミでもやはり聞いたことのない物音、犬の声、嗅いだことのない空気に戸惑います。


DSC_0226_20171230122523847.jpg
ホリーは不安でハウスをかじりバラバラにしてた(笑)


これからみんなに会いに行くよ。



o4032302414100536038.jpg
一方、預かりさんのお家に行ったぐりのすけ。
o4032302414100536530.jpg
たくさん甘えなさい!
(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント