2017/05/08

ジョーくんを追って

私は20代のころ、サルーキーという犬を飼いたかった。
top.jpg


2016年3月6日

CAPINボランティアに初参加。
初めてお散歩したワンコはジョーくんでした。


DSC_0534.jpg
シェルターに通いはじめ、どことなくサルーキー(っぽくないですか?笑)に似たこの子に惹かれました。


ジュリナロスは癒えなかったけど、いつかジョーくんがほしいなぁと思っていました。

今年3月。
ジョーくんはトライアルに出ると聞いたけど、その行き先は私の近所と聞いて喜びました^^

4月、お届けに立ち会わせてもらいました。
そんな矢先、逸走を聞きました。

DSC_0114_20170501084643a24.jpg
まずは聞き込みをする相手がいないことに手を焼きました。

すぐにポスターを作ってもらいました。
逸走当日、夜遅くまであらゆる場所に貼りました。

逸走翌日、最初の目撃情報が朝から入りました。
「SNSを見て」
という言葉に時代を感じました。

それから目撃情報は入るけど、間一髪会えないことが相次ぎます。
私の家の庭から出てきたこともありました。

名前を呼ぶと全力で逃げていきます。

「これは捕まえられる気がしない・・・」

4月29日夕方。
お散歩コースの一番北側に当たる私の家からさらに北側で目撃情報がでます。私が現場に駆け付けると
ビーくんはさらに北に逃げて消えて行きました。
その直後雷雨。

ここからビーくんの目撃情報はパタっと無くなります。

5月2日火曜日。
久しぶりの目撃情報。
雷の翌日の日曜日に、草むらから顔だけ出してこっちを見てたので近くまで行ってご飯をあげてくれたというお話でした。
足を怪我しているようにも見えたと。

5月3日水曜日。
新聞折り込みチラシが入るけど、有力な目撃情報はなし。

5月4日木曜日。
朝一で目撃情報。
「今、うちにいる」って。
4日ぶりの生息確認と5日ぶりの対面。
生きていたことにホッとしたけど、ケガしてた。
DSC_0152_20170507195202483.jpg


応援は連日CAPINから様々な方々が来てくださいました。
DSC_0153_20170507195203cb0.jpg
カメラを設置してくださったAさん

DSC_0158_20170507195208fe9.jpg
DSC_0160_20170507195209a0e.jpg
DSC_0143_20170507195159656.jpg
あんこさん家より
てるみちゃん、ロッキーくん(CAPIN預かり)、ハットくんと写真がないけどべこくん。


あんこさんには差し入れもたくさんいただきました。
DSC_0146_20170507195200115.jpg


CAPINからトライアル中のゆきちゃんのおうちからりんちゃん。
DSC_0164_20170507195332057.jpg


私のお友達もたくさん応援にきてくれました。
みんなに愛されるビーくんです。



ケガをしてしまってから捜索に進展がありました。
散々手を焼いた広い行動範囲でしたが、痛みからか行動範囲が狭まったことと
ある一定の場所に何度もくるということ。

この場所で餌付けが出来て捕獲機に入れられたら捕まるのに・・・。

ということで
私のGW開始の5月5日。捕獲機作戦スタート。
DSC_0154_20170507195205103.jpg
捕獲機をトンネル式にして様子をみます

DSC_0156_20170507195206e5e.jpg
下にタオルケットを敷き、前にマットを置き、シェルターでのジョー君部屋を再現。
上にシーツを被せたことが後々目立って良かったと思いました。

この日の夜は私、飲み会でして・・・。
見張り役をあんこさんにお願いします。

そのあんこさんからビッグニュースが!

なんと、ジョーくんが捕獲機に顔を突っ込んで、唐揚げを食べたと。

それも3回もです!
時間は20時 22時  深夜。

完全にジョーくんはエサ場と認定してます。

翌5月6日。捕獲機の後ろのドアを閉めて様子を見ます。
DSC_0171_20170507195333ec4.jpg
20時。
最初のご飯タイム。
時間正確にきます。
多少躊躇はしたものの後ろのドアが閉まってても、前から首を入れて、一番奥の唐揚げを食べました。

次の時間は22時。
いろいろ相談をして、ここで捕獲機作動を決めます。
釣り餌はステーキです。
DSC_0172_20170507195335442.jpg
本来は翌日でしたけど、つけなかった足が着けてきたのと(行動範囲が広がるおそれ)
やはりケガが痛々しく一刻も早く保護したいのと。

22時10分
予定通り現れます
ステーキを奥の壁に貼り付けた捕獲機の周りをグルグル。
奥の壁に貼り付けたのは良し悪しですね。
外から食べようと画策するのをずっと息を潜めて観察するはめに。

捕獲機の上に置いた匂い飛ばす用の肉を食べ。
勢いで扉が閉じないかが心配。

ジョーくんと私の戦いは・・・。



「あの子は絶対死なせない!」
とずっと思い続けた私の勝ち
ということでいいでしょうか?(笑)

翌日病院
DSC_0182_20170507195339837.jpg
あんなに逃げ回ったのが嘘のようにいつもの大人しい良い子のBBくん。

里親さんのAさんが大好きで
DSC_0183_20170507195341eae.jpg
足元にくっついて離れません。


この10日間はなんだったのか・・・。

BBくんは緊急縫合手術を受け少し入院してケガが治ることを祈ります。
おそらく野犬とやりあったのだろうということでした。
DSC_0184.jpg

また4本足で歩けますように。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント