2017/01/22

頑張って生きている猫さんたち。

CAPINで私の地元で猫を捕獲してTNRをする話を聞きました。

特にお手伝いに名乗りはあげませんでしたが、近いし、ちょっと様子を見に行こうかなぁって思っていました。

でも少し?なことがありました。

地名とテトラポットという単語。

それを組み合わせたら・・・

こんな場所ですよ?
DSC_0732_2017012222371972c.jpg
こんな場所ですよ?

写真では分かりにくいですけど
道路の半分まで波しぶきが飛んできます。

そんなところで猫が生きて行けますか?

この地区に墓地公園があります。
そこと間違えてない?

でも墓地公園には猫はいませんでした。


こっちには・・・

DSC_0714.jpg
猫がいました・・・

テトラポットが海へと伸びているこの場所で猫は捨てられていました。

DSC_0723_201701222236515fd.jpg
釣り人が波にさらわれて命を落とすというこの場所で猫は生きていました。


こんな場所に猫を捨てるなんて・・・
悪意しか感じませんよね。

DSC_0716.jpg
猫たちは寒空の下、体を寄せ合い生きていました。


特筆すべきはこの
DSC_0713.jpg
ごみの量。


無法地帯・・・。
ここは人の悪意が集まる場所。。


CAPINではTNRではなくここから救い出すための捕獲をすることになりました。
DSC_0717.jpg
DSC_0718.jpg
全部の猫が救われますように。


DSC_0720.jpg
みんな、ちゃんと入るんだよ。


私はこの日、お仕事の都合上、ここで帰ってしまいました。

事前の情報では猫は30匹以上
CAPINの視察では15匹前後・・・

どちらにせよ、この1回では捕まりきらないので、もう1度来ると聞いて
「次はちゃんとお手伝いしようと思っていました。」

翌々日夜、
CAPINの代表が、この現状を把握して、すぐに捕獲しましょうということになり、
雨の降る暗い海岸で、再度チャレンジしました。

掛けるだけかけて、しばらく様子を見て、掛からなければ、明日朝、近くのCAPINボランティアさんに確認していただこうという流れだったと思うのですが、
代表は朝まで粘って3匹捕まえてからボラさんとバトンタッチをしたそうです。

すごい執念・・・
私なんぞとはギアがもう1コ違うんだなぁって思いました。。


翌夕方。
残っている捕獲機を見に海岸へ来ると、
DSC_0715.jpg

今回のCAPINにレスキューを依頼した方と別の餌やりさんと会いました。

1時間探しても猫が一匹もいないと心配していたので、
「TNRの予定でレスキューに入ったけど、ここは場所が悪すぎるので、ここには帰らないけど、心配しないで」
とお伝えしました。

「30匹以上いると聞いて来たけど、ここまで13匹しか保護出来ていない。
残りの子の行方を知っていますか?」

と聞いたところ、

「ここにいた猫は増えたり、連れて帰る人がいたり死んじゃったりしているけど、自分が数えたMAXは15匹だったよ
 今はそんなにいないんじゃないか・・・13匹ならそれで全部じゃないか・・・」
とおっしゃっていました。

「30匹いたと聞いていたけど」というと、「それはここの話じゃないんじゃないの?自分は去年から通っているけど、
そんなにいたことはない。」
とおっしゃっていました。





その日の夜、もう1匹捕まりました。
その子は私が連れ帰り、一晩家に置きました。
威嚇もせず、あばれもせず、鳴きもせず。
とっても良い子にしていてくれました。


DSC_0737.jpg
これは翌朝、毛布を取ったときの写真
一応、色々試みたんだね(笑)


昨日、この子を今みんながいるCAPINシェルターに置きに行って、他の子の様子も見てきました。
DSC_0738.jpg

DSC_0739_20170122223724de0.jpg

DSC_0741.jpg

みんな温かいお部屋においてもらっていました。
みんな暖を取って、お部屋でゆっくり出来ているのを見て、
「良かったなぁ」
って思いました。

写真の子たちはハウスから出ていた子たちです。

DSC_0763.jpg
この子は
DSC_0714.jpg
一番手前で、ずっと人が来るのを待っていた
この子かなぁ。

良かった。この子たちは家庭向きだと思います。

シェルターは今満室なので、この子たちの次の拠点を探しています。
ご家族に迎え入れてくれたり、預かって次のご家族を探すボランティアさんがいて下さると助かります!

ご検討ください。


海岸はまだ捕まるかもしれないと、様子見です。


≪つづく≫



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re.拍手コメントさん

ご訪問&コメントを残していただきありがとうございます。
私の耳にもその大規模なTNRのお話は入ってきています。
すごいですよね・・・。ご苦労様でした。

その後のこの子たちは、まだ行き場所が確定出来ていなかったり、その後も保護出来たニャンがいたりという話は聞いています。

いずれ続報を書きたいと思っています。
見守ってくださいね^^