2016/12/13

ご協力ありがとうございました。

12月11日
ぷりんを無事保護できました。
1481602332877.jpg
保護直後のぷりんです。

保護は寝込みを襲って捕まえるという、あまり褒められた方法じゃなく、何も参考にはならないと思うので詳しくは
書きません。

たくさんの方からご指摘があった通り、逸走は網戸を開けてという本当に単純なミスからでした。
犬は隙を見せたら見逃してはくれません。

それは里親さんも嫌というほど思い知らされてしまったと思います。
また、今は改善策を講じて実践してくださっています。

脱走は本当に怖いです。

車の事故
放浪
それから今回は野生のイノシシという問題もありました。

話を聞くと、縄張りをウロチョロされたイノシシが犬を襲うことは珍しくないそうで、保護前日にはぷりんも追いかけられていたらしいです。
それからイノシシがいれば、トラバサミもあります。

今回、ラッキーだったのはぷりんが遠くに行かなかったことです。
一度捕獲ミスがありながらもぷりんは遠くへは行きませんでした。

DSC_0066.jpg

たくさんの危険と隣り合わせになりながら、無事に保護できたのは奇跡だと思います。

脱走させたら生きて帰らないかもしれないし、五体満足じゃ帰れないかもしれない。
帰ってこれるかどうかも分からない。


1481602267702.jpg
特にぷりんのような子の保護は本当に難しいです。
もう一度同じことがあっても、捕まえられる自信はないです。


私の注意不足もあったと思います。

いろいろアドバイスいただき、本当にありがとうございました。

ぷりんはあと2週間トライアルが延長になりました。
正式譲渡になるのを楽しみにしています^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 本当にお疲れさまでした。1頭の犬を保護してから里親様宅に行くまで、何人もの人が大きな労力と金銭と愛情をかけ、命を大事に大事につなげていくその過程がどれほど大変か改めて知らされました。そのような尊い活動の一方で、命を売り物にしたり、ゴミのように扱ったりする人がおり、保護活動をされている方達は、彼らの尻ぬぐいをされてるのですよね。
 大事に育まれ、つながれてきた命が無事に安住の場所に戻れたことに安堵しています。そして、皆様のご活動に心より感謝いたします。
 しみゃおさん、早く体調が回復しますように。

Re: ポチ母さん。

ありがとうございます。
本当にそうですね。特にぷりんは移動も多い子だったので、たくさんの方が心配なさったと思います。
無事に戻ってよかったです^^

たくさんの方がバックアップしてくださったおかげで帰れました。
本当に心強かったです。