2016/12/06

ぷりんの保護にご協力お願いします。

トライアル中のぷりんですが、12月3日(土)に逸走してしまいました。
現在も保護出来ていませんが、里親様の目の届くところにいます。

現在も捕獲機で保護を試しみていますが、もし保護出来ない時は12月10日(土)の夜から12月11日(日)にかけて
現地に行くので一緒に行って下さる方。
もしくはこの後、現在の状況を記しますが、保護方法のアドバイス等ございましたらご連絡いただけますようよろしくお願いします。




12/3(土)15時逸走
お家にはご主人とご主人のお母さん。
来客があり、ご主人が外に出て対応。間もなくお母さんも出て対応したところ、
網戸になってた窓からぷりんが逸走。

私にすぐに連絡をいただきました。
捕獲機じゃなきゃ捕まらないので、目撃情報を集めていただきました。



21時現地到着

目撃は一所に集まっていたので、そこに捕獲機を設置。

ぷりんは犬が大好きなので、日中外に犬を放している家(塀で囲まれている)に寄っていたんだと思います。

現地は自宅から500m離れた場所でした。




23時~25時

ぷりんを自宅そばの土手で何度も目撃。(ライトを当てるよく目が光るので分かりやすいです)

現地は家から3~40mの家と対面する土手です。




25時~翌6時

捕獲機を土手に移動。

私は里親さん(Aさん)家そばに車にぷりんの大好きな我が家のマリを係留し、そばから息をひそめてスライドドアの

リモコンをもって待機しましたが、現れず。




12/4(日)6時

捕獲機の確認

どういうわけか、中の唐揚げがタッパーごと持ち去られていました。




7時~12時

私はまた捕獲機にご飯を食べにくると踏んで、捕獲機にマリを繋いで50mぐらい離れた場所から見守ります。


DSC_0036_20161206093316893.jpg


DSC_0037_2016120609321084f.jpg


右側のソーラーが乗っている屋根だけ見える家がAさん宅。

すすきが生い茂っているマウンドが前夜の確認場所。

左側のあぜ道はお散歩コース。

その中間に捕獲機。







見張っている間、イノシシが多いから気をつけろと近隣7~8人から何度も注意を受けます。




結局、現れず。

(ぷりんは危機管理能力に長けているので、私が見張っていたのを察知したと思われます)




12時~15時

私は近隣の確認。
ご近所さんに目撃情報提供のお願いと追いかけないでと言って回りました。

Aさんご夫妻にはポスター貼りをお願いしました。
エリア内とその外にも。
(今回の場合、ぷりんの所在は確実にAさん宅近くと分かっているので、ここでのポスター掲載は控えます)


15時

近所のゴルフ打ちっ放し練習場の駐車場にぷりんが現れて、20m×50mぐらいの大きさの場所に追い込みました。

私と里親さんご夫婦、近所の犬連れさんで保護を試みます。
DSC_0040_2016120609503988d.jpg


私が呼んで近づくと少し待ってます。

3mまで近寄ると逃げるので、私も離れます。私が離れると少し追いかけてきます。

また静かに呼んで近づく。この繰り返し。




マリは私とぷりんの間に係留(これはぷりんは無視でした)




15分ぐらい経つと、犬連れさんが別方面からぷりんを呼ぶと、ぷりんが慌てて逃走。

2m×10m狭い場所に追い込めましたが、結局逃げられました。


追い込むことはできたとしても、犬の行動が読める人が数人いないと到底無理だと感じました。

(私も読めていないのかも知れませんが)




17時~19時

また土手でぷりんを発見。

再度、捕獲機を置き、今回は見張り無し。時折捕獲機の確認に行きますが、ぷりんの所存は捕獲機そばでできますが

入る様子はありません。



20時、私は疲れて帰ってしまいました。

帰る際に、夜は出て行った窓を開けておくようお願いしました。

また家の位置が確認できるように2階の電気はつけっぱなしにするようお願いしました。

ぷりんは家の位置を確認しながら周遊しているようです。




私が去ると、ぷりんは私が車を置いていた場所まで何度も寄ってきて匂いを嗅いでいたそうです。







22時~翌6時(12月5日)

部屋の中のご飯とお水が減っていたようでした。

中に入って食べたようです。

(私の予想では場所を好む子なので、一度入ったらまた出ては行かないのではないか?という予想は的外れ でした)







ぷりんは日中はじっと息をひそめ、夕方~夜に行動しているので、

夜、ケージの代わりに捕獲機を設置するようお願いしました。

捕獲機は布で覆って、ぷりんの使っていたマットを敷いて、同じようにご飯とお水。


匂いで警戒するかも知れないので、捕獲機の洗浄。
1480979962040.jpg


この日の日中はAさん宅から対面する土手で日中も目撃。

1480979971277.jpg

夜に備え、日中は餌を出していないので、餌を求めエリアの外に出ないよう、Aさんに見回りをお願いしました。

夕方、Aさんがイノシシを土手で発見。
イノシシに襲われる前に何とか捕まえたいです。



12月5日夜~12月6日朝
ぷりんは見張っている雰囲気が出ていると家に入ってこないと思うので、Aさん夫妻には早めに2階に退避していただくよう
お願いしました。
また、緊張が出ていても察しられて中に入ってこないのが一番困るので、気になると思うけど、捕獲機に任せてなるべく寝てくださいと。

12月6日朝
捕獲機は作動せず、ご飯は減っていたそうです。
マリでテストはしていたものの、ぷりんのように忍び足で入ると作動しないのかもしれません。
今日は潤滑油を塗っていただきました。




         ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

という流れです。
お気づきの点や試してみた方が良いことがあれば教えて下さい。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメ①さん

アドバイスありがとうございました。
捕獲機はいろんな可能性を秘めちゃうんですねぇ。
参考になりました。
ぷりんは結局どうだったのか・・・。

Re: 鍵コメ②さん。

様々なアドバイスをありがとうございました。
とても参考になりました。
遠くから応援の手も上げてくださって、捕獲時も電話でアドバイスいただいて本当に心強かったです。

ぷりんの場合、餌を求めて歩き回らなかったことが幸いしました。
それが結局捕獲へとつながりました^^
これだけのビビリっ子がリードなしの状態で1週間で保護出来るって、本当に奇跡だったと思います。

応援、本当にありがとうございました!