2016/04/07

TNRその2

DSC_0040.jpg
じゃん。v^^
予告通り。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



4月5日。
本来、前日から捕獲器を仕掛ける予定だったのですが、4日は大雨だったため、1日遅らせて5日から捕獲器を設置しました。
捕獲予定は2匹。


1匹は家の会社(実家)に子猫を運んでくるボス猫ちゃん。
もう1匹はボス猫ちゃんのむすめ猫。子にゃんこ(成猫)

子にゃんこは人慣れ猫でごはんをくれる人が大好きで抱っこされに来るので、子にゃんこの捕獲はその方にお任せして
捕獲器ではボス猫ちゃんを狙います。



設置場所は会社から200m離れたごはんをくれるKさんのお家サンルーム下。
DSC_0036.jpg

サンルーム下にはごはんの器の他、ベッドなども置いてくれて、猫たちの憩いの場になっていました。

ここに捕獲器を設置します。
ボス猫は極度の人嫌い。捕獲器無しでの捕獲は難しいです。
DSC_0037.jpg

前回の設置の写真で
「捕獲器前の誘導用のおやつが大きすぎますよ」
って、ご指摘をいただいたので小さくしました。
バスタオルは濡れていたので替えもなかったので外しました。

10時ごろ設置して仕事に戻りました。
ボス猫ちゃんが入りますように(-人-)



16時、捕獲器を見に行くと
DSC_0040.jpg

警戒が強いので捕獲が難航すると思っていたボス猫が入ってくれました。

良かったー。

夕方、また訪れて、Kさんにボス猫の確認をしてもらいました。
ついでに子にゃんこもいたら、捕獲してもらおうと思ったけど、この日は現れず。

ボス猫を家に連れ帰りました。



ボス猫は捕獲器のまま脱衣室へ。
DSC_0045.jpg
ここが狭い我が家で唯一、隔離できる場所です。

DSC_0044.jpg
シャーシャー言ってますが、怖いんでしょうね。


私を知っている人は
「しみゃおは捕獲器から出しっちまうんじゃないか?」
と心配されたと思いますが、全然心配ありません。

[広告] VPS

だってこんなに怖いんですよ^^;

2日間、お世話する度、こうして何度も威嚇を受けていました。

この2日間、お世話で困ったことはお水とトイレでした。
ごはんは大きめの穴から鶏肉を落としてあげていました。

お水は色々方法を探りましたが
DSC_0049.jpg
この方法でまとまりました。
一見、お水のほうに行ってガッシャン事件が起こりそうですが、捕獲器の斜め扉があるので上には乗れません。

最初お水飲まなかったですが、時間が経って飲んでくれました。


一方、子にゃんこは手術前日の6日にもKさん宅に現れず。
当日、7日の朝に望みをかけます。



手術当日4月7日。
2日前から全然トイレしてなかったんですが、シーツの上におしっこしてくれました。


子にゃんこはこの日も現れず。
残念ですが断念することにしました。
大雨の日、野犬が出て身を隠したのか・・・
ボス猫が捕獲器に入ってビックリしちゃったか・・・
すでにどこかで子を産んだか・・・




手術は10時前にCAPINシェルターに来てくださいとのことでした。
DSC_0053.jpg


受付をしてボス猫を預けます。
DSC_0052.jpg
CAPIN外猫のクロちゃんが一匹一匹回診しています(笑)
画面左下、ペットシーツで捕獲器をくるんだボス猫もちゃんと回診うけましたよ。
威嚇もせずエラかったですよ。

こうやって見ると、うちのボス猫が一番かわいいです(笑)

手術の説明を受け、20時にお迎えに来てくださいと言われ帰ってきました。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次回、パート3を書いて、その後まとめ記事も作成する予定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント