2016/01/22

振り返り日記3

DSC_0061.jpg
10月25日
動物病院にて緊張のジュリナ。

この時期に原因不明の血尿に悩まされていました。
亡くなってからピンときたけど、きっと痛みや苦しみを我慢して血尿になってしまったのではないかと推測します。

最初の抗生物質では効かなくて、薬を変えた二度目の抗生物質で治りました。
が、特に細菌などは発見されないと聞きました。(なぜ、その薬が効いたのかもナゾのままで)

それから、この写真では9.5kgぐらい体重があったけど(通常は13kg)この時期から急激に体重が落ち始めて
亡くなったときには8kgあるかないかぐらいまで落ち込んでいきました。



先生からは
「カロリー高いものを食べさせて、体重を増やせるように頑張ってください。」
と言われていましたが




ダイレクトにカロリーの高いもの揚げ物や脂分の多いものは、下痢になってしまうし
量を多くしようと思うと、便の回数も多くなってしまい・・・
苦慮していました。
最終的に
おやつを多めに食べさせるようにしましたが、減量の歯止めにはならず・・・。
どうしたらいいのか、考えているうちにあっという間に1月になってしまいました。


今思えば、パン類も好きだったので、そういうものをたくさん食べさせれば良かったのかと思いますが、
今までが、そういうものを食べさせないようにしていたので、考えもつかなかったです。

そういうところも後悔しているんですよね。


ジュリナと生活を共にし始めたころ、私自身の「まだ大丈夫だろ主義」がジュリナの病気発見の手遅れにさせてしまうことを
自分で危惧していましたが、結果的にずーっと掛かりきりだったおかげで、血液検査も1回/2ヶ月ペースでやっていたので手遅れっていうことはなかったのですが、原因が分かってても止められない事の難しさを知ることにもなりました。

反省しなきゃいけないところですね。


ジュリナはお薬を頑張っていたおかげで、血液検査は最後の最後まで良好でした。



反省は反省しなきゃいけませんが
後でまた書きますが、私は1年前にジュリナの死を覚悟しなければならない事件がありました。
(過去日記でも書いています)
そこから1年もの間、頑張ってくれていたのに、これ以上、痛みと苦しさを長引かせたかったのかと思うと、
それもまた違いますけどね。

命って難しいですね。

ちなみにこの日、病院を終えたジュリナ
よほど病院が嫌だったのか、すたすた歩いて車に向かいました(笑)

その姿が可愛かったw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント