fc2ブログ

2023年を振り返る【お別れ編】

2024年01月11日
日々の事 0
1月10日は初めての私(だけ)の愛犬。
ジュリナが亡くなった日でした。
ジュリナ


ジュリナが亡くなった8年前の今頃の私は、ひどく落ち込んでいて、
千葉県の先輩のボランティアさん達が
マリと一緒にドッグランに連れ出してくれたり、
一緒にバーベキューをやってくれたりしていました。

また、別の福島県の先輩ボランティアさんは、私をCAPINへと導いてくださいました。

1頭の犬を茨城のセンターから救いたくて、右往左往してるところ、CAPINが引き出しに協力してくれて、
その恩返しのつもりで、最初はCAPINシェルターに通いました。

CAPINのボランティア活動は私がそれまで知っていたものとは違って、それが私にはすごく違和感を感じて、
前述の千葉県の先輩ボランティアさん達に愚痴っていました。

何も見えてないペーペーの私は
シェルターの犬に対して、愛情が感じられないと思ってしまっていたんですよね。

でも、私が尊敬する先輩ボラさん達は、それも全て見えていて
「まず、シェルターを持って維持活動してることがどれだけ素晴らしいことか」
「犬を保護することに休みはないから、馬力があるボランティアさんが揃っていないとシェルターは成り立たない」
と、私の愚痴を一蹴してくれました。

その時点では、2016年の3月で、まだ一回か二回しかシェルターに行っていなかったので、
単純計算で年末まで40週あったから、その半分の20回はシェルターに行こうと思って、ブログにシェルターに行った回数を書いていました。

とにかく続けてみようと思ったのです。
それから合う、合わないを考えようと。



「シェルターを維持することがどれだけ大変か」
この言葉を、長い間、実践してくださってたCAPINのボランティアさんが昨年2023年9月に亡くなられました。

私は日曜日だけ活動するボランティア。
亡くなったボランティアさんは、平日の主に朝、活動されていたボランティアさん。 
それからシェルターの犬達の医療にも尽力してくださっていました。
一見、それほど接点は無さそうですけど、
2016年のほぼ同じ時期からCAPINボランティアをやっていたので、よく電話で話したしメールやラインなどで日々連絡を取り合っていました。

週の半分、3日か4日は、電話がかかってきたり
こっちからかけたり。
1ヶ月で20時間ぐらい、ここ3〜4年は話していたと思う。

ボランティアさん同士は、仲間ではあるけど、
そのボランティアさんを私は仲間以上の友だちだと思っていました。

いつも電話では最初はいろんなことを報告しあったり、時には愚痴を言ったりしてたけど、結局途中からは
「あの犬のこういうところが可愛い」
とか
「新しく入った犬が可愛い」
とか、他愛もないシェルターの犬談義になっていました。
そんな電話が好きだった。



何も分かっていなかった私は、シェルターに通い始めた当初、知ったかぶって偉そうに
「愛情が感じられない」
なんて言ったけど、
寒い日も暑い日も毎日早朝、シェルターにいる犬を想って駆けつける以上の愛情はないですよね。

そのボランティアさんの活動を見て
「私の先輩ボラさんが言ってたことはこういうことなんだ」
って、思いました。

すごいな〜って思って、同期のそのボランティアさんを尊敬していました。

亡くなった同期のボランティアさんは私をよく褒めてくれました。
「しみゃおさんがいなかったら、家庭に入れなかった犬がたくさんいた」
とか
「しみゃおさんじゃないと家庭犬に出来ない子がたくさんいるから頑張って」
とか。

私は嬉しかった。
今、預かっているさやかを預かる時も相談した
「しみゃおさんなら誰預かっても、大成功だと思うけど、柔らかくなった、さやかの顔を見てみたい」
って言ってくれていました。

こんなに私を褒めてくれたのに、
私は
「シェルターの犬達を支えてくれてありがとう」
って本人に言ってなかったと思う。

4月ぐらいだったか、ある日の電話で病気を打ち明けられて、
「私は覚悟が出来ている」
って言われた時、私は焦ってしまって、怒ってしまった。

「そんなの絶対ダメだ」って。

今、思えば心残りのことばかり。

もっと一緒に保護活動やりたかった。
歳を重ねて、ふたりとも引退しても連絡取り合ったりして、シェルターを懐かしむものだと思ってた。

一緒に活動してくれてありがとう。
これまで支えてくれてありがとう。
私はまだ頑張るので、応援してね。

ぷりんの名前をつけてくれたのはぷうさん。
色々本当にありがとう。



CAPINには、こうして日々シェルターを支えて頑張っているボランティアさんがたくさんいます。

見えないところで犬達を頑張って支えてるボランティアさんを応援してくださると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しみゃお
この記事を書いた人: しみゃお
40代♂とCAPINの保護犬の生活日記です。
CAPINの預かり犬、ぷりん、空良。

ペットのおうちにCAPINのシェルター犬を載せていってますのでチェックしてください。
https://www.pet-home.jp/member/user428040/post/

コメント0件

コメントはまだありません