fc2ブログ

希望は無いんですか。

2023年02月24日
ボランティア 0
センター

すでにいろいろなところで発せられていますが、
茨城県動物指導センターの収容数が200頭を超えてしまい、
長らくストップしていた殺処分を再開する動きがあります。


「この先、もしかしたら・・・」
の話ではなく、現実的に
3月13日(月)までに引出しがなければ、27頭が処分の対象になるそうです。


CAPINブログ参照

殺そうとするのか?

殺そうとするのか② 殺処分対象犬リスト 3月13日が期限の27頭



「今、頑張ってんだからちょっと待ってよ・・」

というのが、私の本音・・・。


「どうして、殺処分という言葉が出てきてしまうのだろうか・・・。」



野犬なんて、普通に生活していたら、ほとんど見ることは無いです。
だって、隠れて生活してるんだから。
その子達が、そんなに人に迷惑かけているとも思えない。

なのに捕まえてきて収容する。

ありもしない【狂犬病】を盾に。


まぁ、それはしょうがない。決められたルールだし。


けど、首輪が付いた放浪犬や、多頭飼育崩壊は、単に行政の怠慢から出た事象だと思う。

ブリーダー崩壊、多頭飼育崩壊。

茨城県では、よくある話です。

その責任を
「殺処分」
という言葉を盾にしてボランティアに責任を負わせるのかよ。


というのが、私の気持ちです。

時代に逆行する茨城県。
希望は無いのかよ。
と、つくづく思います。


CAPINでは殺処分の対象の犬達をレスキューするべく、新しい「ERP」という制度を作ったそうです。
ご協力をお願いします。

erp.jpg
erp2.jpg



私としては、臨時でも単発でも「預かりボランティア」を募りたいです。
譲渡まで、しっかりサポートします。
今、殺処分の対象の子じゃなくて、シェルターいる子から、マッチングから譲渡までサポートします。

預かりが不安であれば、私の家でショートステイをさせて、ある程度馴らしてからのお届けでも大丈夫です!

この危機を一緒に乗り越えてくださる方を募集します。

里親さんのみなさん、ブログを見てくださっている方、良かったらご検討ください。

相談や連絡は私、直でも、
このブログに非公開コメントでも大丈夫です。(連絡先明記してください)





宜しくお願い致します。


スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

しみゃお
この記事を書いた人: しみゃお
40代♂とCAPINの保護犬の生活日記です。
CAPINの預かり犬、ぷりん、空良。

ペットのおうちにCAPINのシェルター犬を載せていってますのでチェックしてください。
https://www.pet-home.jp/member/user428040/post/

コメント0件

コメントはまだありません