FC2ブログ
2020/05/29

女子寮のワンコたち。

5月24日

シェルターへ。
この日はたくさんボランティアさんが入っていたので、私はおかめハウスを。


これまでも何度もおかめハウスのお散歩には行っていて、たくさん写真を撮りためているんですが
一気に全部書くと、長編大作になってしまうので(笑)小出しにしていきたいと思います

今回は女子寮(と呼ばれているコンテナで生活している)の女の子たちです。


みずきちゃん
みずき
みずき
小柄で若くて活発な女の子。

たまにしか行かない私はリードの付け替えが出来るかどうかを見るためにもマイリード持参で行きますが、
リードを手繰り寄せると、ちょっと嫌がります。

もう少し人馴れできれば、サイズ感も良いし、飼いやすい子になると思います。



リラちゃん
リラ
リラ
ふんわり穏やか系女子。
人馴れもう一歩ですが、ゆっくりと入っていければ、お昼寝パートナーに(笑)最適かと思います。



モモコゼット(笑)
モモコゼット




一番の若手と思っていたモモコとコゼットも中堅な感じになってきました。

モモコ
モモコ
まだビビリで人馴れもう一歩ですが、活発さが出てきています。
お散歩ではすごくいい顔見せてくれます^^

モモコ
モモコ
かわいい^^





コゼット
コゼット
ミニぷーちゃん(ぷーちゃん→うちにいるぷりん)
こちらも人馴れもう一歩
モモコよりは穏やかです^^
モモコと一緒にいるからか、お姉さんタイプに見えます。




お母さん改めマミーちゃん。
マミー
しみゃお的ヒット女子です^^

マミー
私にはマミーより「お母さん」のほうが馴染みがあり、つい「お母さん」と呼んでしまいます(笑)
積極的に寄ってくる感じではありませんが、触れるし、まぁ合格点かな^^
お顔を見て分かるように、将来的にデレデレ女子になりそうです。




エリーちゃん
エリー
エリー
ご覧の通りの美少女です^^
マミーちゃんと一緒で積極的に寄ってきてはくれませんが触れるので、こちらも合格点です(なんの?!笑)
まぁ
穏やかで
まぁ
可愛いですよ(笑)




ここからは最近女子寮に入った子たち


ジャスミンちゃん
ジャスミン

ジャスミン

小柄な甲斐犬風な女の子。
見た感じ、シェルター最小です。
甲斐犬軍団と仲良しなので甲斐犬軍団かと思ったら全然違うそうです。
他犬はOKだけど、人は怖いらしい。
かわいいです。人馴れしたら最強です(笑)




ベルちゃん
ベル
ベル
野犬風の活発な女の子。
ある意味

しみゃお的ヒットw

元気いっぱい過ぎて、座って撮影していたら「ギュン」って引っ張られて転がされましたwワタシ(笑)

やりがいありそう。
ナニガ?!




ということで、もう少し人馴れすれば、すぐに譲渡行けそうな子が満載ですので、
譲渡だけではなく、預かりも検討してみてください!!


募集ページ作らないと・・


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2020/05/25

お母WANとお父WAN

5月21日
三郎
三郎は車に乗ってお出かけ




出かけた先は
三郎
土浦シェルター


狂犬病予防接種に来ました。

ついでに・・・?



というか、本来の目的はこっちか??(笑)


お母WANのキリに合わせに来ました。

キリ

前回は弟の四郎に会ったのですが、キリには会わなかったなと思って。



ところが・・・


キリ

なかなか2ショットが撮れず・・^^;


お散歩ですれ違ったEさんに撮ってもらいました(グリーンのリードが三郎です)
キリ三郎
「お母さん、ボクね、今、ぷりんちゃんと空良くんと一緒に住んでいるんだよ^^」


キリ三郎
「人と一緒に暮らしているんだよ。」
「ボク、男の子だから怖くないよ!」



久々の再会でつもる話が尽きません^^



その後、おかめハウスに移動。



会いに行ったのは
トッポ
この、人が来たらビビリおしっこをする感じw

分かるでしょうか?(笑)


トッポ三郎
お父WANのトッポくんです^^



トッポ三郎
「お父さん、ボク、今ね、『預かりさん』っていうところにいるんだよ。シェルターじゃないんだよ!」


トッポ三郎
「ボクね、『足ふき』とか『室内トイレ』とかが上手なんだって!『優秀』って褒められるんだよ^^」




お母WANもお父WANもあまり、三郎の報告が(緊張していて)耳に入ったと思えませんが(笑)



三郎
シェルターから戻った三郎は



三郎
三郎
なんだか少し自信がついたようでした^^


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

応援してね♪
2020/05/22

マルモとひめ。その後

鹿嶋15頭のワンコたちは強い繋がりを感じます。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

4月20日
お昼、シェルターに行くと、異変を感じて、裏の犬舎へ。

雨の中、さくらがたたずんでいた。
雨が降っていて、みんな犬舎に入っているのにさくらだけが雨に濡れていた。
さくらを入れようと犬舎に近づく。


ご存知の人もいるかもしれませんが、私はマルモに嫌われていて^^;
犬舎に近づくとマルモが飛び出てきて、ワンワン吠えるのですが
今日は吠えなかった。

「さくら。どうしたの?」
徐々に近づいていくとさらなる異変を感じました。

床に何かある。

白い何かが落ちている?


すぐに白いものがマルモだと分かった。

「マルモ!!」
声をかけながら走って行ったけど、
「もうダメだ」と分かっていた。


急になんで?
昨日もオレに元気よく吠えていたのに。。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

2つほど前のブログで
「誰にでも飼育できるようなワンコに教育して、次の里親様にバトンタッチをする」
ことが目標と書きましたが


この鹿嶋15頭のお母さん(おととしの12月に亡くなったそうです)
は、本当に私の見本のようなボランティアさんだったんだと思います。


ピッコロ、マルモ、みはる、マギー、ポピー、ぐりのすけ、ひめ、くぅ。
大阪に行ったくるみ、ドリー、そら、むぅ、ホリー、ガンマ、チー

どの子も本当に飼育しやすい良い子たちでした。
苦労もたくさんあったと思いますが、本当に良い子たち。


その鹿嶋15頭のお母さん。
Nさんは、もう何十年も前から保護活動をされていたそうです。
迷子になっている子を保護しては、去勢避妊手術をして次の里親さんに繋げる。

今ではたくさんの保護活動家がいますが、
何十年も前は珍しい活動だったそうで、テレビの取材が来たそうです。
すると悪い意味で反響がすごくて、
来る日も来る日も玄関先に犬を繋いで放棄していく人が後を絶たなかったそうです。

そしてついにNさん宅には犬が60頭になってしまったそうです。
たった一人で。
養護施設より知的障害のお子さんを迎えて、その子の養育もしながら
60頭の犬の飼育はお金もかかったろうし、大変だったと思います。


そして地道な活動が実を結び、ついに14頭になったとき
マルモがNさん家に来たそうです。

マルモはもとはNさんの協力ボランティアさんの保護犬だった。
けどNさんとそのボランティアさんで揉めてしまい、
押し付けられるようにしてマルモがNさんのお家に仲間入りをした。

そしてNさんは脳の病気を患い、15頭を残したままを活動ストップし、
意識が無くなり寝たきりになって入院しまったところで
CAPINに相談が来ました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

10頭をCAPINに渡してもらった後、

「この犬はトラブルの元だから、いらない」
という知的障害の義息子さんより衝撃的な言葉と共に渡されたのが
マルモ
マルモでした。

15頭の中でピッコロとマルモは人慣れがイマイチだった。
ピッコロは怖がりで単に他の人と接触がなかったから慣れなかったのと対照的に
マルモは現地にいるときにはお世話に来てくれる人にもギャン吠えしていたそうです。


そしてシェルターでは私もギャン吠えされてた^^;
もちろん、マルモに危害を加えたことなんてありません。


マルモ


今、思えば、マルモは置かれてきた状況に不条理を感じて、現地でお世話していた人や私に
吠えていたのかなと思いました。

マルモ


嬉しかったのは、
マルモもピッコロと同じようにたくさんのボランティアさんに愛されていたこと。
たくさんの人が悲しんでくれて、
これはマルモが遺した財産ですよね。

ご家族の元で旅立つことは出来なかったけど、最期はNさんと同じように愛してくれた
「お母さん」がたくさんいました^^

マルモ。最期がオレでごめん。
でも、ありがとう。



マルモ


これは私が最初に撮ったマルモの写真ですが
ここに最期をCAPINで迎えたワンコがもう1頭います。



ひめ
ひめです。



現地ではマルモは一匹狼でした。
でもひめは、誰にでも優しく接するみんなの長女的なお姉さんワンコでした。


ひめは2018年の5月に保護
10月までは最初の預かりさんのお家にいて
それ以降はTさん宅に預かってもらっていました。

当初10歳ぐらいと言っていましたが
超高齢で亡くなった時の推定年齢は17歳。
ちょっとサバよんでいましたね^^;

元は大型犬だったけど、老齢で小さくなったのではないかという診断も受けました。
写真のように元気に里親会に出た時もあったけど

2019年の春ごろには食べが悪くなり、補液のお世話になっていました。
「夏までは持たない」
と言われて、夏を超すことが目標で生きてましたが

最終的に亡くなったのは、2020年の3月1日。
ひめも預かりさんもよく頑張りました^^


定期的に頂いていたひめの報告の写真は
ひめ
ひめ

超高齢なのにいつもきれいな被毛のひめでした。

預かりさんがどれだけ手をかけてくださったのかが分かります。

そして、きれいな姿を見せてくださっていた預かりさんの優しさですよね^^


食べが悪くなってしまっていて、シェルターからシニア用のフードを送っていましたが
それもいつもたくさんのボランティアさんがアドバイスをくれたり、手伝ってくださっていました。


お葬式には
ひめ
ひめ
いつもひめを気にしてくださっていた預かりさんのお友達がたくさん駆けつけてくださったそうです^^


私は行けなかったけど、良かったなって思いました。


ひめはたくさんの人にお世話になりました。
ありがとうございました。

マルモとひめ
それぞれ里親決定をしてあげられませんでしたが
どちらも幸せだったのではないかと思いました。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


このブログ記事のタイトルを書こうとしたら
「マルモとひめ」
は2回目でした。
1回目はこちら


2年前の5月。
15頭の強い結びつきを感じました。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
2020/05/20

小町は正式譲渡♪(今さら^^;)

※このブログ記事は小町の表情を見ながらお楽しみください^^


私がはじめて小町に会ったのは
小町
去年の11月。

印象は
「惜しい子」だなって。
ビジュアル可愛くて、サイズ感も良くて、若くて穏やかですが、
人が来ると逃げてしまう


センターで書かれた管理カードにも
小町
「攻ゲキ性ないがちょこまか逃げる」


この状態で譲渡できるかというと、難しい。

すごくビビリかというとそうでもなく、割と肝は据わっており、単に(浅めの)経験不足だと思いました。


もったいない。


ということで、当時(11月ぐらい)ランボーの譲渡が進んでいたので・・・

小町
私の家で預かることになりました。



これまでうちで預かる子は割とコムズカシイこじらせ系(笑)が多かったので^^;
こういうまっさらな子は新鮮でした。


小町
もちろん最初は隔離から。



犬同士は問題ありませんが
ぷりん小町



お外でスマホを向けると
小町
「キッ!」
とした顔になってしまう。


小町
お家の中ではデレデレしてくれるのに・・・



小町
お外に出ると
「キッ」
っと緊張する。


野犬の世界で生きるという事はこういうことなんでしょうね。








小町
それなりにイタズラもして



小町
小町
おちゃめな表情も見せてくれて



小町
お外でもリラックスした表情を見せてくれるようになって



3ヶ月たったある日
小町
お見合いをしました。

ご家族も私も
「小町はご家族にピッタリ合わせてくれる」
という意見で一致しました。

もともとお散歩は上手な子ですが、それにしてもアイコンタクトを取りながら、ぴったりと合わせて行く小町は
会いに来てくださったご家族にご縁を感じたのかなと思いました。


嬉しいような寂しいような

ですよね(笑)



2月のある日。
小町
トライアルに。


ご家族に逸走防止や譲渡の説明をする私の隣に座り、
小町
じっと話を聞いていました。


小町
こういう顔して見られると、出会った頃を思い出しドキッとします。






小町
はじめての家族写真。
優しいご家族。
小町にピッタリのご家族です。


小町
私の元を離れる時。
「じゃあね、小町。ずっと元気でいるんだよ。」
甘えっこの小町。たくさん甘えさせてもらいなさい。
遠くに巣立つ小町を応援します。




トライアル。
小町
小町
最初は堅かった表情も


小町
徐々に柔らかくなりました。

小町


小町
私は所詮、仮。
本物には敵いません。
(小町のお姉さんは顔を隠してしまうのがもったいないぐらいの美人さんです^^)


そしてトライアルが終わるころには
小町
こんな甘えた表情をみせるようになりました。



優しいご家族のみなさんのおかげで
何事もなく、無事正式譲渡。



小町
小町


里親さまより

毎日のんびり過ごしております。
小町が来てから家族に笑顔と会話が増えました。
今回良いご縁があり、小町をうちに迎えることができてとても嬉しいです。
ありがとうございました!


というメッセージも頂きました^^




小町
(私のお気に入り写真)
茨城の海沿いで寂しく暮らしていた小町は
とても素敵なご家族が出来ました。


応援ありがとうございました!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
2020/05/18

三郎、募集ページにアップしました☆

三郎、募集ページにアップしました。

三郎

三郎
三郎
三郎


私の預かりの目標は
「誰でも飼育できるようなワンコに教育して、次の里親さまへバトンタッチをする」
ということを掲げています。

「こういうお宅に向いています」
みたいな制限はつけたくないのです。


でも・・・
しかし・・・


今回の三郎に限っては、応募してくださった方、すべてどなたでも・・・
というわけにはいきません。

でも今、すごく伸びてきて

この伸びていく部分を楽しいと思ってくださる里親さまがいらしたら繋いでいきたいと思っています。

三郎
預かった当初は、私には
スマホを向けると全力で逃げ回って、写真を撮る事さえ難しかった。
だからこうしてリードを短く持って、アップ写真を撮ろうと思った。
目が泳いでいるし

三郎

なかなかこっち向かないし。


それが最近は
三郎
逃げないし、なんなら少し余裕の表情していません?


先日は家に実家預かりのかすみが遊びに来ました。

かすみ


三郎・かすみ
初めて会うかすみにも嬉しそうに歓迎する姿をみて、成長を感じるのでした。



三郎は時間のかかるワンコで
地域も人が多いところ
車どおりが激しいお家などは今はむずかしいかもしれません。


それでも良縁があることを信じて。
お待ちしております。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

かすみのことはまた改めて^^
2020/05/13

三郎WAN♪

預かりっ子の近況報告を全くしないっていう。。。(笑)

Q。
「三郎、どうなりました?」
ってよくお聞きします。


A。それほど変わっていないように思います。

ってお答えしていますw


でも、こうやってブログを書くと、少しずつ変化があります。




先日はお付き合いしていただき、シェルターに一緒にいきました♪

三郎

今、気が付いた。
後ろで小花が見てるわw

私のお取込み中には一人でドッグランで遊んでもらっていたんですが、
私を探して、
見つけた時に「ニコ」っとしていたのが可愛かったw

四郎と一緒にドッグランに入れたら、見事にシンクロしてたw


ドッグラン終わりに久々に二人の記念写真☆
三郎四郎
三郎四郎
かわいいでしょー^^

どことなく三郎に余裕がありますよね^^


三郎、人に対しては警戒しますが、対犬はとても上手です。
ぷりん三郎
ぷりんとも


三郎
空良とも仲良し☆


家の中では意外に?!
人も犬も恋しいようで、一人にされるのが嫌で、私や他のワンコについて歩いていますw

人馴れも少し進んだかな?
先日は前の預かりのBBくんのママとお散歩で遭遇しました。
その時の動画です

三郎とBBくん♪
三郎、褒めてもらったんですよ♪




それから、トイレが上手なのは以前にも書きましたが

三郎
三郎
足ふきもちゃんと(笑)
出来ます!!

優等生でしょ?



そしてそろそろ募集ページにもあげようかと勝負写真を撮影に!

三郎


三郎


どうです?
三郎、可愛いでしょう^^


あ、でも勘違いしないでくださいね。
テンション上がった時は↑の写真のように良い表情見せてくれますが

ノーマルは↓こうです^^;
三郎


今後はいかにハイテンションをキープできるかがポイントです!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

応援よろしくね~。