FC2ブログ
2020/10/16

怒ったハナシ。

10月14日は茨城県動物指導センターへ。

収容されているワンコのチェックです。

ワンコの情報はCAPIN公式ブログに載せてもらっていますので、そちらをcheck!

10.14センターにいた犬たち

10.14センターにいた犬たち2

10.14センターにいた犬たち3



タイトルにした
「怒ったハナシ」
ここでの出来事です。


そもそもこの話は、その前の週。
今回、お誘い頂いたしろみさんより、
「14日に30分しか無いんですけど、センターで犬達の写真を一緒にとってもらえませんか?」
って言われたのですが、仕事なので行けなくて、最初はお断りしたんです。


けど、当日もう一度お誘いを受けたので、
行くことにしました。

行ったことある人は分かると思いますが、一人で30分でセンターの犬、全頭のチェックは無理です。
二人でも難しい。

予約は14時
お昼休みも仕事をして、無理やり仕事に区切りをつけて、行きました。


しかし着いた時間は14時15分。


これはどうなんだろう?
14時30分までしか見れないのか?
30分は見学できるのか?


HORIZON_0001_BURST20201014143224995_COVER.jpg

しろみさんは先に着いていて、中に入っていた。

私に付いてくれたのは
愛護推進課のUさん。


Uさんから
「合流しますか?別々に見ますか?」
と聞かれたので
「別々の方が良いですかねぇ?」
って言いました。

すると返ってきた返事は

「それはこちらが決めることではありません」

って。

・・・。

一旦しろみさんに合流し、どうするか話して私はしろみさんと逆側から見学(撮影)することにしました。
この時点で14時20分。


私は1号室から4号室までを撮影。
部屋のワンコと管理カード両方撮影。


出来事は2号室で起こりました。
CENTER_0001_BURST20201014142726752_COVER.jpg
この管理カード。

シェルターのボランティアさんはピンと来るでしょう。
小冬

小冬(と、さくら)の血縁ですよね?池野辺だし。


Uさんに尋ねる(見学の時に職員さんに犬の様子を聞くのは通常の事です)
「このワンコ、どうですか?」って。

するとUさんは指さして
「あれですね」
DSC_4217b.jpg


・・・。
あれですね?

あれですって、どれかなんて聞いてねぇし。

管理カードの犬はどう見ても

HORIZON_0002_BURST20201014142647653_COVER.jpg

こっちですよね?


なんだかもやっとするけど、時間もないし、まぁいいや。



そして4号室を写真撮ったところでUさんの携帯のアラームが鳴る。

「ごめんなさい、終了です」







そうですか。
全然見れてない。


Uさんに尋ねる。

「直近で、もう一度時間取れる日はありますか?」


「メールでお問合せお願いします。」


。。。







10分しか見れなかったのはしょうがない。
そういう約束だったんでしょう。


きっとCAPINにチェックされたくないもののあって、長い時間はいて欲しくないんでしょう。


それもしょうがない、その人の任務だから。



でも、初めてあった人に、その態度は何?
私の方は遅れてきたし、対応してもらったし、友好的に話してたつもりだけど、

その態度は何なわけ??



ということで、
「こっちが決めることではない」
「あれですね」
「メールで問い合わせてください」


という失礼極まりない態度に対して、事務所の前の正面玄関でおもいっきり怒鳴り散らしてやりました。



クレーマーでしょうかね?



私はCAPINの会員ではありますが

県内のワンコをどうにかしたいと、昼夜問わず、わたしなりに一生懸命活動しているつもりです。

それに対して、本来、給料を頂いている県職員さんが中心となってこの問題は解決していくべきだと思いますが、
協力しているボランティアさんに対して
県民に対して、その態度は何だ!


役職は
茨城県動物指導センター愛護推進課ですよね?

茨城県にはたくさんのブリーダーレスキューの相談やネグレクト相談が入っているはずです。
そんなのが全然なくならないのは、県職員がこんなくだらない対応しか出来ないからじゃないでしょうか。


だからオレたちに負担がのしかかるんだよ!!





って、激おこぷんぷん丸でした。




Uさんからは
「時間ばかり気にしてしまって、そう見えたなら申し訳ない」
と言われました。


後が詰まっていると再三アピールされたものですから
私も引きました。

14時45分。

Uさんは帰ってこないしろみさんたちを呼びに行きました。

しろみさんが帰ってきて、ちょっと話して、センターを出たのは
14時55分。



Uさんは私たちが出ていくのを見送って、頭を下げていました。





・・・。


誰も来ませんでしたけど、

予定詰まっているんですよねぇ?





にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


アリっ子は元気にしています








スポンサーサイト



2020/09/26

明日、会場で会いましょう♪

マーベラス譲渡会
9月27日
船橋市夏見台5-8-3
13時~15時予定。

CAPINからは
チャック
チャックと


サファイア
サファイアと


トト
トトが参加します。




いよいよ明日です^^


ここ数日、打合せやらお問合せを頂いて、
「(日にちが)近くなって来たんだな」
「CAPINが参加するのを待っていてくださっていたんだな」
って思いました。




茨城県では相も変わらず、センターに犬がどんどん収容されてきます。

これは紛れもない事実で、食い止めることも必要ですが、外(県外)に発信して、
譲渡に繋げていくことが重要だし、今、私にできるのはそのぐらいのことです。




私がCAPINに入る前は私はCAPINを知らなかった。


そして、殺処分が多いとは知っていたけど、保護活動に当たっている人が誰がいるかも知らなかった。




他団体さんから、いろいろ言われてしまって(;^_^A
悪名も高くなってしまっていますが、それが全てでしょうか?



地道に一つ一つの糸を繋ぐ、私たちの活動も見て頂けたらと思っています。




そしてCAPINの存在を知ってもらって、より多くの方々に茨城のワンコにも興味を持ってもらいたいとおもっています^^





参加するワンコはCAPINを含め11頭
ほかにもにゃんこが7匹。


全てのわんにゃん、とご来場者様にいい出会いがありますように。






集合写真
先週末の素敵な出来事もブログで紹介したいのですが、なかなかご紹介できず。




三朗アリエル
トライアル中の三郎も我が家で預かっているアリエルも元気にしてますよ^^




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

2020/09/01

かすみちゃん。

昨年12月。
ウチの実家では福助のあと、かすみちゃんが来ました。
かすみ


それまではかすみちゃんはおかめハウスにいました。
かすみ
(頂いた写真)

その当時のハッピーハウスはこんなに
かすみ
ガランとしていたんですね(笑)



かすみちゃんが移動してきたのは、
シェルターが合わないと思ったので、来たんですよね。
ハウスの中でいつも怖がっていた。


かすみ
家に来た当初も不安なお顔でいっぱいでした。



でも若い犬らしくちょっぴりいたずらっ子な所もあり
かすみ
こんなこともしていました。



実家の両親の元ではノビノビ田舎生活を満喫していました。

かすみ

実家の両親の事と先住のリクが大好き!


私の事は。。
「か~しゅ~み~~~」
って呼ぶと
かすみ

こうなっちゃうw


好きじゃないそうです(笑)


でもやっぱり好かれたくて(笑)
三郎・かすみ
自分の家に連れて帰ったりして



徐々に表情も
かすみ
かすみ
かすみ
私にも良い顔をくれるようになりました。



そんな時、東京からご家族がお見合いに来てくれて
かすみ
トライアルが決定しました!




かすみ
やっぱりね^^
表情が豊かになると、魅力的になります。

元々きれいな顔立ちだけど、本当の美人さんになったと思います^^


8月30日にトライアルに出発しました。

かすみ

かすみ


ワンコが大好きなご家族と
優しいお兄ちゃんワンコ。

かすみにピッタリだと思います。

頑張れ。かすみちゃん!


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
2020/08/19

移り変わり

少し前。ちょっとだけおかめハウスのお散歩に


光太郎
光太郎


ノア
ノア



イサミ
イサミ


ビビリが強かった3人衆。
少しだけ、人馴れが進んでいたように思います。


ノアの成長には少しびっくり。


ここだけの話、
まだイタローがおかめハウスにいたころ、
イタローとイサミの区別・・・

というか、どっちがどっちだか分からなくなっていました笑


イタローが土浦シェルターに移動して、ちょっとスッキリしたのは、私だけでしょうか笑

イタローはトライアル順調です♪そのうちイサミもね!





16日、日曜日


桃
桃
桃ちゃんは猫ボラさんのところに移動しました。

最後ちょっとだけ遊んだ時の写真。

甘えっこでとっても良い子。幸せになるんだよ。



同じ日。
実家預かり、かすみはトライアル決定。
かすみ
「待ってるよ♪」

とっても優しいご家族。

かすみは私の宣伝不足だったけど^^;
自力でグッと糸を引き寄せました。





風太
風太
風太をカートに載せて、ちょっとお散歩体験。
初めは怖がっていたけど、後半は楽しそうだった。




ペテロ
その後、8月末に戻ってくる予定のペテロとちょっと打合せ。


ペテロ
可愛さ倍増して、戻ります!


ペテロカシオペア
シェルターのカシオペアと再会♪


ペテロカシオペア
同じ場所から先に里子に出たルカとみんな飼育放棄されて、久しぶりの再会でした。
ペテロは少し嬉しそうだった^^



カシオペアにも嬉しいお話があるので
ペテロカシオペア
最後のお別れになったかもですけど、それぞれに幸せが訪れるように、みんな頑張りましょう^^



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
三郎もトライアル頑張り中です!
2020/08/11

風ちゃんのこと。

8月の暑い日曜日。
里親会終わりに、ネグレクトレスキューの現場に行きました。


私が聞いた情報は
・何年も檻の中から出されない女の子ワンコがいる。
・ご飯は3日に一回、親戚のひとが来るだけ。


話を聞いただけでもむごい。。


そして、大体想像は出来ていたけど、現場に行ったら、さらに絶句しました。


風太


風太


フェンスで出来た檻の中に犬小屋があって、犬小屋から扉の所まで
1.5m

たった1.5mの世界でこの子は何年も何年も
暑くても、寒くても、大雨の日も台風の日も、雪の日も、雷の日も
嬉しくても寂しくても

ずっとずっと、一人で生きてきたんだ。



もう寂しくないよ。



ここに来て、分かったこと。

女の子と聞いていたけど、一目瞭然。男の子です。

「誰も開け方が分からない」と言われていた扉は、
あっさり普通に空きました。
風太
難しい事ではない。開けたいかどうか、気持ちの問題だと思う。

そして、男の子は人に対して抵抗がないということ。素直な男の子です。

もう一つ分かったことは、ここから出ることに対して、かなりの抵抗があるということ。



この日は偵察に来たのですが、もう一人のボランティアさんと話したことは
「もう、今日にでもレスキューしたい」
ということ。


ご飯を上げにきてくれる、親戚の方の情報はもらっていました。
その方に電話をすると、出ない。

親戚の方のお宅の住所も分かっていた。
その方のお家までここから車で15分ほど。
「行こう!」
ということで、お宅にいきました。

が、留守でした。
ご近所に聞き込みをした結果、
この親戚の方も、色々生活に苦労を抱えていて、忙しいなかギリギリのところで男の子にご飯を届けに行ってくれている
ということが分かりました。


きっと、事情を説明したら、手放してくれるはず。

そう話合って、親戚の方の帰りを待っていましたが、帰って来ませんでした。

「もう一度現場に帰ろう」
と、二人で親戚の方のお家を出て、現場に向かいましたが、
私は私で電池切れ^^;
途中コンビニでコーラを飲んでいると、
ボランティアさんから電話が


途中で親戚の方っぽい人とすれ違って、追いかけたらやっぱりその方で、話をしたらOKくれた
と。
「あの子、連れて帰れます!」

と。


レスキューにおいて、最重要課題は所有権問題。
その重要課題はコーラを飲んでるうちにクリアされていました。

スミマセン。
ありがとうございました。


現場に戻ると、もっと根深い問題に直面します。
風太


「僕に会いに来てくれて、ありがとう。でも僕はここでいいよ。また僕に会いに遊びに来てよ」

男の子は、ここから出ることを強く拒みました。


首輪を着けて引っ張り出そうとしても、首輪を首元に持っていくと
「ガウッ」
と言ってしまいます。


安全面を考慮して、今日は所有権を放棄してくれただけでも大きな前進として、また別の日に連れに来よう
と、この日は断念します。





*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


水曜日。
作戦を練って、保護に務めます。
風太
風太
「オレたちと一緒に行こう」
「ボクはここを離れない」

の攻防戦は6時間を越えました。


アナタがここで生きてきたことは尊重するけど、でもここで一生は終わらせたくない。
だってアナタにも輝かしい未来。本当の家族の笑顔が待ってるから。

だからお願い。ここから出てきて。



最後は
「嫌だ。怖いよ。怖い事しないでよ」
と泣き叫ぶ男の子を無理やりバリケンに入れました。


風太
「一緒に行こうよ。みんなが待ってるよ」


風太
男の子は拗ねていました。


即病院へ。


風太
長い爪と真っ黒に伸びた裏毛



風太
お耳は真っ黒に汚れていました。



風太
嫌なことをされて、時々「怖い」って泣いちゃったけど、我慢できました。
男の子だもんね^^



男の子は風太(ふうた)くんと名付けられました。



これはシェルターのボランティアさんに頂いた写真。
風太
シェルターでは最初は怖くて立ち上がることも出来なかったけど

風太
立ってご飯を食べるとこが出来るようになった

風太
撫でてもらっても平気になって^^


風太
お外でも撫でてもらえるようになりました^^


今はまだ、お外の世界が怖くて、お散歩には行けません。
でも、少しずつ少しずつ慣れていっているようです。


ふうちゃんのこと、
応援してくださいね^^


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村