2017/01/11

あれから一年。

ジュリナとお別れをして一年が経ちました。



もう一年も経ってしまったことが寂しいです。
あの時間はもう帰ってこないのですね。。



DSC_0453.jpg
ジュリナも保護団体卒業のワンコです。
このところ、その日、その時をよく思い出します。

たくさんの方が動いて、ジュリナは命が助かり、男性の一人暮らしという条件の悪いところによく来てくれました。
たくさんの人に見守ってもらって日々を過ごしていました。

ピカピカに輝いていた日々。
もう帰ってきませんよね?
(笑)
スポンサーサイト
2016/09/02

新しい道

我が家前の道路が舗装されました^^
DSC_0305.jpg
新しい道路で嬉しそうなマリです。


私ももちろん、舗装されて、雨水問題が解消されて生活しやすくなって、嬉しいですが
ジュリナと過ごした生活環境が少しずつ変わっていくことに寂しさも感じます。

DSC_0243.jpg
ジュリナとたくさん歩いた道路です。

今となってはお散歩していたことも思い出すようになってきましたが
去年の夏ごろからはもう、足が痛くて歩けなくなってしまっていて、しばらくはお散歩した記憶さえも薄れてました。
DSC_0126_20160902093344cb9.jpg
(ストーブもありますが夏の画像です笑)
いろんなサプリメントも試して、少し良くなったと思った時もありましたが、結局もう関節が痛くて、それは治らなかったですね。

負担になることはさせたくなくて、秋ごろからはサプリも止めました。
そしてちょっと汚れていますが、なるべくシャンプーも体調の良いときだけにしていたので、数か月に1回しかさせなかったんです。

そんなことを朝、考えながら散歩していました。

20111023_160515.jpg
すると、マリとよくガウガウになっていた、お友達姉妹ワンコ。

お散歩途中に会ったんですが、左側の子しかいなくて、
「今日は(右の子は)お休みですか?」
と聞いたら、先月急逝したそうです。

左側の子もショックが大きくて、しばらく散歩に行かないとストライキを起こしていて今日、久しぶりのお散歩なんです
とおっしゃっていました。


ご冥福をお祈りいたします。
2016/04/23

フセ!の成果&日陰ロード

マリのフセの練習中と書いて、そのまま報告しないでいました。
もうバッチリですよ^^
見てください。
「伏せ!」の動画





我が家の散歩道に異変がありました。
DSC_0193.jpg
夏を前に日陰ロードがバッサリいかれました・・・



思い出の日陰ロード・・・
残念。。


blog_import_569aeeaae87eb.jpg

ジュリナとたくさん歩きました。


どんどん環境も変わっていくんですね。








ジュリナと言えば、おととい、3~4年前まで仕事を一緒にやっていた同級生と久々に仕事することになり
打ち合わせで会ったんです。


「犬たちは元気?」

と聞かれて



「ジュリナは1月に亡くなった」

というと、すごく驚いて、

「ジュリナは6年前に1度殺されたのに、その後も楽しく生きられたんだから幸せだったと思うよ」

って言われました。



全く犬とは無縁のオッサンにも、愛護センターの存在を知らしめたジュリナの功績は大きいなと思いました。


大げさ?(笑)




img_0.jpg
お友達の中では、私とジュリナはセットになっていたようです。

ずっとそばにいてくれているんだよね。
2016/02/10

1ヶ月。

人生初のインフルエンザになかなか悪戦苦闘しています。
今日、ようやく37℃を切りました。
でも、これからまた上がるのかな??
DSC_0327.jpg
上がったり下がったりしながら徐々によくはなって来ています。





DSC_0297.jpg
たとえ、どんなに具合悪くても、この人はお散歩を許してはくれません。

距離が明らかに少ないので、ストレスがたまっているんでしょう・・・
朝は、大はしゃぎして私にめっちゃ怒られました。

夕方は落ち着いて歩いてくれました。
今日もカラスが多かった。
今年はお正月過ぎたあたりから、カラスが多い。

ジュリナが頑張っていた時期だったので嫌な気分で散歩をしていたのをよく覚えています。




ジュリナは1月10日に亡くなって、今日で1ヶ月が経ってしまいました。
DSC_1086.jpg

まだたったの1ヶ月です。
きっとこの後も2ヶ月、3ヶ月・・・半年・・・1年・・・2年・・・5年・・・10年
とずっと数えていくんだろうなと思っています。

そう思うたび、
「泣いてもわめいても、もうジュリナは戻ってこないんだなぁ」
と思ってしまいます。

当たり前だけど
DSC_0956.jpg
ジュリナが大好きだったので
(笑)

ジュリナランニング動画

一生懸命走る姿も大好きでした^^
2016/01/22

振り返り日記3

DSC_0061.jpg
10月25日
動物病院にて緊張のジュリナ。

この時期に原因不明の血尿に悩まされていました。
亡くなってからピンときたけど、きっと痛みや苦しみを我慢して血尿になってしまったのではないかと推測します。

最初の抗生物質では効かなくて、薬を変えた二度目の抗生物質で治りました。
が、特に細菌などは発見されないと聞きました。(なぜ、その薬が効いたのかもナゾのままで)

それから、この写真では9.5kgぐらい体重があったけど(通常は13kg)この時期から急激に体重が落ち始めて
亡くなったときには8kgあるかないかぐらいまで落ち込んでいきました。



先生からは
「カロリー高いものを食べさせて、体重を増やせるように頑張ってください。」
と言われていましたが




ダイレクトにカロリーの高いもの揚げ物や脂分の多いものは、下痢になってしまうし
量を多くしようと思うと、便の回数も多くなってしまい・・・
苦慮していました。
最終的に
おやつを多めに食べさせるようにしましたが、減量の歯止めにはならず・・・。
どうしたらいいのか、考えているうちにあっという間に1月になってしまいました。


今思えば、パン類も好きだったので、そういうものをたくさん食べさせれば良かったのかと思いますが、
今までが、そういうものを食べさせないようにしていたので、考えもつかなかったです。

そういうところも後悔しているんですよね。


ジュリナと生活を共にし始めたころ、私自身の「まだ大丈夫だろ主義」がジュリナの病気発見の手遅れにさせてしまうことを
自分で危惧していましたが、結果的にずーっと掛かりきりだったおかげで、血液検査も1回/2ヶ月ペースでやっていたので手遅れっていうことはなかったのですが、原因が分かってても止められない事の難しさを知ることにもなりました。

反省しなきゃいけないところですね。


ジュリナはお薬を頑張っていたおかげで、血液検査は最後の最後まで良好でした。



反省は反省しなきゃいけませんが
後でまた書きますが、私は1年前にジュリナの死を覚悟しなければならない事件がありました。
(過去日記でも書いています)
そこから1年もの間、頑張ってくれていたのに、これ以上、痛みと苦しさを長引かせたかったのかと思うと、
それもまた違いますけどね。

命って難しいですね。

ちなみにこの日、病院を終えたジュリナ
よほど病院が嫌だったのか、すたすた歩いて車に向かいました(笑)

その姿が可愛かったw