2018/06/06

のんちゃん、トライアルへ行く。

6月3日

のんのトライアルの日です。

のんさん、これが茨城最後のお散歩ですよ!

最後にみんなで記念撮影★
DSC_1531.jpg
なんだか閉まらない記念撮影だなぁ。
のんさんだけです、ちゃんとしてるの(笑)


DSC_1532_HORIZON.jpg
車に乗って、行先は千葉県船橋市。
マーベラス協賛譲渡会でのご縁ですが里親希望のEさん、歩いて譲渡会に来てくださったそうです^^



お家到着。
DSC_1533.jpg
いきなり洗礼を受けます(笑)


のんちゃん、新しいお家では3人の先輩ワンコと暮らします。
ワンコ大好きののんちゃんにはとてもいい環境です^^
そしてEさん宅は先輩ワンコがみんな保護犬だそうです!


DSC_1536_20180606174117078.jpg
特に年齢の近いぽっきーさんは先輩ボランティアさんのchieさん家の卒業ワンコさん。
先ごろ亡くなった家のワンコ、マリを家に連れてきた日、一緒に運搬をしてくださったのがchieさんで、道中、初めての多頭飼育の私に2頭目を迎える極意を伝授してくださったのでした。


DSC_1541_2018060617412256e.jpg
度胸のいい のんさんは、初めて来た新しいお家なのに、譲渡の説明中もリラックスしていました。

先輩ワンコさんたちも・・・
DSC_1537.jpg
DSC_1539_HORIZON.jpg
DSC_1540.jpg
みんな落ち着いていました。
見事に統制の取れているお家です^^

DSC_1542.jpg
壁にはみんなの巨大なタペストリー。
いいなー。


お家にはワンコだけじゃないんですよ!
DSC_1548_HORIZON.jpg
ヤモリさんや
DSC_1547.jpg
ザリガニさんや蛙さんなど、Eさんご夫妻、本当に生き物が大好きなんだなぁと思いました。

のんさん、良いご夫婦に見初めていただいたなぁと思いながら帰ってきました。


早速、ご報告いただいています。

私たちが帰った後、
LINE_P20180606_173056448.jpg
みんなでおやつを食べていたこと。

LINE_P20180606_173056424.jpg
脱走防止対策万全のお庭でみんなで遊んだこと。


LINE_P20180606_173056492.jpg
夜はみんなで寝室で寝れたこと。


LINE_P20180606_173056507.jpg
ごはんも問題なく食べていること。


LINE_P20180606_17.jpg
お客さんが来ても落ち着いて過ごせたこと(おやつを催促したこと(笑))


LINE_P20180606_173.jpg
LINE_P20180606_173056533.jpg
朝も夜もお散歩も快調なこと。


どれもどれもとっても嬉しいご報告ですが同時にとっても寂しい・・・(笑)


Eさんには私と同行をお願いしたキョウコさんにおみやげを持たせてくださいました。
DSC_1550.jpg


DSC_1525_HORIZON_201806061741095e8.jpg
おいしそー★


(笑)
寂しいとか・・・おいしそうとか・・・
言ってる場合じゃありませんよ!

家にはもう次の子がいるんですからね!
DSC_1562.jpg
スポンサーサイト
2018/05/31

処分するって言ってます。


鹿島の野犬の現場では、まだ捕まえなくてはいけない子がいて、引き続き捕獲機を設置しています。




そこへ・・・。
DSC_1360_HORIZON.jpg
予想もしない・・・全くターゲットでも何でもない「はじめまして」の野犬ちゃんが入ってしまいました。

DSC_1364_HORIZON.jpg
DSC_1365_HORIZON.jpg
「びえーーーん。つかまっちゃった~(TT_TT)」


DSC_1362_HORIZON.jpg
この子、おっぱいが大きいです。授乳させている子犬がいるようです。
(首輪は逃げられないよう、私が付けました)
近辺では子犬どころか、このお母さん(まだ子供っぽいですが・・)すら、地域に認識されていません。
困った・・子犬、探さないと子犬死んでしまう。。


DSC_1367_20180531080957dea.jpg
とりあえず外に出して、子犬がいる所へ案内してくれるか、やってみる。。

全然ダメ。自分が逃げようと必死なだけ。。

獣医さんに写真を見てもらったところ、
「前回の授乳から3日以上経ってしまってるのではないか」

といわれました。
子犬は諦めざるをえないか・・・。

子犬がダメで、お母さん餌を求めて人里に出てきたのかも・・・。

この子をどうしようかという話の中で、今、シェルターもいっぱいで、保護主さん宅もいっぱいで、うちものんがいて、次の子来る予定で・・・。
ここは一旦センターで引き取ってもらって、どこかが空いたら引き出そうかと、保護主さんとCAPINの代表とも相談して、
センターに電話しました。

センターでは、野犬だから引き取ることは可能。
ただし、センターで預かる期限をこっちで決めてくれっていう。
センターも殺処分ゼロプロジェクトがあり、収容も多くてお世話に手が回らない。

それは理解できる。


私の独断で最長2ヶ月。その間に迎えに行きますとお答えして、センターも了承。
↑のちに大事なところなので強調して書きました

5月23日にお迎えにくることに。。


ところが、お迎えの前日、子犬3匹が現地に現れたと報告があり、捕獲が困難なので、急遽お母さんワンコのセンター行きはストップ。お母さん使って捕獲もあるかなぁと・・・。

子犬たちはその後無事保護出来ました。
DSC_1456_HORIZON.jpg



そこでもう一度、センターに収容依頼をして昨日の5月30日に一度センターに入ることになりました。


そしてお迎え当日。センターからこんな電話がきました。
「担当が迎えにいったけど、やはり特別扱いはできない。公示期限までは収容するけど、引き出し連絡がなかったら処分になることを了承してください」


え?引き出し連絡してるじゃん。最初っから。

「2か月後に引き出す連絡なんて前例がないので引き出す意思がないことと一緒。その連絡は受けられない」

「あとで処分されたことが分かって、説明求められても困る」

「現地のHさんにも説明して了承してもらってる」

「引き出すのであれば期限内に連絡をもらって、1週間とかで通常引き出している。何週も先に引き出すというのは引き出す意思がないのと一緒」


と一方的に通告してきた。

センターに入れる=処分するというのがセンターの言い分らしい。



オレが黙って聞いてると思います?(笑)


こっちがルールを破ったとか、いつも約束を破っているとかならともかく。。
みなさんのお近くの公共機関は、「犬を殺す」と言って圧力かけてくることありますか?



整理しますよ。
オレ=市民ボランティア
先方=殺処分ゼロを掲げている県の職員(有給)

だれがだれに協力してると思ってるんですかね?

茨城県の動物指導センター
県民が犬を殺したくないって言ってるから、しょうがなく県が協力してやってる
スタンスなんですね、きっと。

今、この地区の野良をみんな捕まえて生かしたいと地区のみなさんが頑張っていて、CAPINで手助けして
なぜセンターは知らんぷりなのか?なぜ安易に「殺犬予告」をするのか?


「こないだ相談して2ヶ月って言ったけど、10日の公示期限後、1~2週で引きだしてもらえませんか?」
は分かる。

「2ヶ月って言ったけど、やっぱ処分します」

ってどうかしてませんか?


約束を県の職員は一方的に反故にできるの?



一昨日きやがれ。
ですよ。

「またセンターで相談して、しみゃおさんにお電話します」

って言ったけど、かかってきやしねぇし。

ちなみに
「現地のHさんにも説明して了承してもらってる」
ってウソでした。


茨城県の職員はうそをついて相手を説得することもありらしい。

大体現地のHさんが了承したって、オレには関係ないでしょ?って思いません?


あの職員さん。お母さんワンコをどうするつもりなのでしょうか?
2018/05/16

見る鉄♪

のん
のんにはお散歩中のお楽しみがあります。

それは・・・


のん
「来た来た!」


電車です。なぜか電車に反応するのんです^^



のん
「いいなー。乗りたいなー。」



※ほんとに乗りたいかどうかは分かりませんw
2018/05/06

めいがリーシュに。

3月の里親会で赤い糸をgetしためい。

リーシュ


4月からのトライアルを経て、この度無事、正式譲渡になりました^^


昨夏、捕獲機に入りセンターへ
DSC_1419.jpg
o0469071014015345224.jpg


3週間のセンター生活を経て、預かりさんの元へ
DSC_1758.jpg
預かりさんのところでは、「自分」が出るのに、譲渡会では、怖がりが前面に出てしまい、ご縁はありませんでした。


1月に、預かりさん宅が変更となり、
めい
めい
先住ワンコの小梅ちゃんの薫陶を受け、徐々に家庭犬としてのスキルが上がり。

DSC_0915_20180322092403498.jpg
3月CASAで赤い糸GETとなりました。




トライアルでは先住犬の珊瑚ちゃんとの相性が焦点となりましたが、
リーシュ
リーシュ
珊瑚ちゃんもまた大らかで、めいを受け入れてくれて、

Sさんのお家でも
リーシュ
何も問題なく、正式譲渡となりました。


正式譲渡には私も伺い、
リーシュ
DSC_12266.jpg
Sさんとの強い絆を確認しました^^
(ちゃんと個人情報隠します!笑)

Sさんの
「これでやっと家族になれたね」
っていう言葉が印象的でした。

めいは名前がリーシュになりました☆
サーフィンの板と乗り主を離れ離れにしないようにするコードのことで
「もう離れない」
という気持ちで考えてくださったそうです^^

リーシュ
リーシュちゃん、おめでとう!
末永くお幸せに!


幸せのリーシュちゃんの見届けにもう一人来ていました。
1525581494978.jpg
お母さんののんです。


「似てるー」「そっくりー」
っていうのを期待していたんですが、
1525581517719.jpg
並べたら意外に似てなくてがっかりー。
みたいな?(笑)

初めてのお家に行ったのに、
まったく気がねないのんでした(笑)
のん
「珊瑚ちゃん、あの子よろしくねぇ」
みたいな(笑)
2018/05/01

クロとシロ

4月15日から都内にトライアルに行った野犬の子犬クロちゃん。

クロ

ビビりの度合いが凄すぎて、保護主さんが危なくて里親会に連れていけなかったというエピソードの持ち主です(笑)

ただ、預かりさんの話では
甘えっこで、すぐ人には馴れる。

ということで、大丈夫だと思っていたんですけど

ど田舎と大都会のギャップに対応できるかが心配でした^^


ご家族がみんなで力を合わせてくれたので、クロちゃんはお家では、すぐに自分を出せたように思います。
クロ

クロ

クロ

それからお家のお嬢さんもすごく頑張ってくださって、クロちゃんがすぐに仲良くなれたのも大きく
クロ



無事に正式譲渡になりました!
クロ


まだまだ都会になれるのには時間がかかると思いますが、Hさまのお家ならきっと大丈夫!
シティボーイに(笑)
させてくれると思います!

良かったね~。
クロちゃん。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



クロチャンが正式譲渡になったその日

我が家には
シロ
シロちゃんがきました。

翌日トライアルに出るためです^^

シロ
「頑張ってきなね★」



お家は県内のご夫婦お二人暮らしのお宅です。
シロ

先代犬さんも野犬だったという保護犬にご理解のあるご夫婦で
シロ

これまたビビり系ですが、シロちゃんは兄妹のなかで賢く順応性も高そうなのできっと大丈夫と思っています。



無事、クロちゃんに続きますように。
1525131372035.jpg


頑張れシロちゃん!