2017/10/03

マッシュとめい。

鹿嶋の野犬をセンターから引き出した2日後。

男の子は茨城県内のあるお宅に来ていました。


以前、CAPINに里親希望でいらした方で、この子達のことをお話しさせていただいたら
「是非、会いたい」
と。

お家には先住のワンコさんがいて、お見合いしたところ先住のワンコさんとの相性は男の子の方が良さそうということで
男の子がすぐにトライアルへ。

名前はマッシュくん。
と名付けられました。
20171002174029.jpg
お庭ドッグランでお外やリードに馴らしてもらって、
お散歩も、人馴れも
グーーーーーン
と進んだのですが・・・。

残念なことに、優しい性格の先住のワンコさんが、どうしても下の子を受け入れられず・・・。
希望者さんも残念だったと思いますが、トライアルは中止となりました。

こればかりはどうしようもないですね^^
Kさん、ほっぺちゃん。
ありがとうございました!

Kさんより
「とても良い子」
とお墨付きをいただいて帰ってきました。

DSC_1662.jpg
(シェルターでの引取時)
私はマッシュくんは人馴れは難しいかなぁと思っていたのですが、帰ってきたマッシュくんは
抱っこも好きな甘えっ子になっていました。


現在はしみゃお家実家で
DSC_1666.jpg
DSC_1668.jpg
かわいいんですよ!

仕事中、ちょっとマッシュくんを見に行って、遊んで帰ろうとしたら
「キュオーン」
って後追いするんですから^^




一方、
こちらは女の子。
securedownloa2d.jpg
同じ県内の預かりボランティア様宅へ。

こちらはマッシュくんとは違い、ゆっくりと成長中
image1-2.jpg
めいちゃんと名付けられました。

すぐに室内トイレを覚えたところをみたりすると、ポテンシャルは高いように思います。
おもちゃが好きで、ハウスの外におもちゃを置くと、しらないうちに、ハウスの中へ持ち込むという可愛らしさも
全開です☆


先週は、マッシュくんより少し遅れて、お外にお散歩に出ました。
20171002182248.jpg
まだ尻尾は下がっていますが、
私は元々、野犬の時に人前に出てきていたのは、マッシュくんよりもめいちゃんのほうが頻度が多かったそうなので
めいちゃんもマッシュくんのように・・・
いや、きっとそれ以上に人間大好きっ子になるんじゃないかと思っているんですよ^^

1506986101730.jpg
人(お子さん)に触られていても、ぷりんのように逃げ回ったりしません(笑)

慣れの問題のように思います。


2人は里親様募集中です!
とっても可愛い子の子たちを家族に迎えることをご検討ください^^


マッシュ
CAPIN募集ページ
ペットのおうち

めい
CAPIN募集ページ
ペットのおうち

よろしくお願いします!
スポンサーサイト
2017/09/16

笑顔に変えられるのは“わたし”

8月14日


CAPINの外部相談対応へ。

相談内容は
「地域で野犬が7匹(うち5匹)いて、複数人でごはんを上げているが、成犬2匹がメスで交互に子を産んでいる。
これまでは子犬は何とか譲渡してきたが、キリがないのでなんとかならないでしょうか?」
というご相談でした。


その写真がこれです。

見覚えあるでしょうか?(笑)

見えますか?
真ん中辺に子犬が2匹います。(子犬って言っても少し大きいですが)
その右の方にお母さんワンコがいます。

私たちの提案としては、
全員保護して、保護主さんが預かりをし、各々里親さんを探しませんか?
というものでした。

「預かれるお家は3軒で、MAX3匹ずつしか預かれないですがやります」
というご返答をいただきました。

8月16日
DSC_1332.jpg

茨城県動物指導センターに捕獲依頼をしました。



ここで一つ。
CAPINに相談してきてくださる方の多くの人が勘違いしています!!

犬や猫の保護相談・TNR相談をされる前にお読みください


皆、「相談」を「依頼」や「報告」と勘違いしています。

相談です。

こちらからできるのはアドバイスです。

連絡をしたらCAPINボランティアが登場して、犬をすぐに捕まえて颯爽と帰る。


・・・。
そんなわけないじゃん。


私たちにも生活があり、普段は仕事をしています。
仕事が終わったら
とか
お休みの日に
ボランティアをします。


見た犬を全頭レスキューって本当に無理な事なのです。


今回も上にリンク張った「お読みください」に沿って、
相談者さんが保護・飼養をし、その間で協力し合って里親さんを探しましょう!

ということになりました。

今まで私のブログに書かれたレスキュー、みんなそうなんですよ。
わざわざ書きませんが、
全て
相談者さんが医療費・飼養費を負担なさっています。
預かりボランティアさんの手が空いていたら、それは協力できると思いますが・・・。


ということで、8月28日。
DSC_1411.jpg
DSC_1416.jpg
子犬2匹捕獲成功。(ぷりんじゃないですよ笑)



DSC_1424.jpg

相談者さん、県職員に訴えています。
「殺す仕事じゃなく、生かす仕事をしろ」
と。
県職員さんも、
「我々も努力はしています」
と応じています。

私も職員さんたちの努力はみています。
今、生まれ変わろうとしています。

「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指すプロジェクト」
で検索してみてください。



DSC_1420.jpg
捕獲機に入ったワンコは
「安全棒」
と呼ばれるもので捕まえて車に乗せます。

「手荒な真似したら許さない!」
と相談者さんに言われ、
慎重に作業(笑)

DSC_1418.jpg
こうやって車に乗せられます。

引きずられて可愛そうですけどね・・・。
現状、私も捕獲機に入った吠えるワンコを抱っこできる技術はないので、こうして見守ることしかできませんが
職員さんも優しく声をかけながらの作業で、確かに手荒な真似はしませんでした。


DSC_1419.jpg
「必ずお迎えに行くからね!待っててね!」

悲痛に鳴いていたこの子たちをみて、私も泣きそうになりました(笑)


こうしてセンターの公示に載り
o0469071014015345224.jpg
(両方女の子の記載ですが下の子は男の子です)



9月15日。
お迎え。
DSC_1525_HORIZON.jpg
石碑の中央には「慈」の文字が書いています。

DSC_1524.jpg

「お迎え来たよ」
DSC_1529_HORIZON.jpg
DSC_1528.jpg
首輪とハーネスを装着して、センターを出発☆


動物病院で検査をして
DSC_1536.jpg
DSC_1538_HORIZON.jpg
フィラリア検査、陰性です☆


DSC_1544.jpg
DSC_1547_HORIZON.jpg
相談者さん宅へ。



これから2人は里親様募集をします!

・・・が!!

続きはまた後で!


この記事のタイトル
笑顔に変えられるのは“わたし”
先ほどの茨城県ゼロプロジェクトのポスターの標語です。
ゼロプロジェクト

まさにその通りだなぁと思いますよね。